腰やヒザの痛みの元は、ウオノメ・タコ・足裏の凹凸?

ウオノメやタコは歩き方のクセで、足裏のヒフ部分が地面と摩擦してできたものです。
なので、何回削っても歩き方を変えないとなくなりません。
この靴下は歩きやすい無縫製であり、パットで支え“歩き方”を変える事でウオノメ・タコが出来にくくなります

高級素材の編み目のない日本製靴下

【素材】 綿・アクリル・ポリエステル・ナイロン・ポリウレタン・衝撃吸収緩和材(ゴム状)
抗菌・防臭

■洗濯上の注意


靴下のパッドを抜き、手洗い、もしくは洗濯用ネットに入れて洗濯してください。

使用方法

靴下の裏にあるポケットに“ウオノメ”や“タコ”“骨の位置のズレ”があるところに、付属のパッドを入れてください。
靴下を穿いてから、パッドの入り具合を、微調整して下さい

パッドがポケットからズレる方へ

ポケットの中にパッドを入れて、ポケットの出入り口をパッドが出ないように、軽く縫ってください。パッドを入れたまま、ネットで洗濯していただいても大丈夫です。
または、パッドを入れてから、うす手の靴下を上からはいてください。出なくなると、歩き方のクセが整っています。

かんしんパッドのポケットについて

ポケット①は長方形、人差し指から小指の骨の根元まで

ポケット②は正方形に近い長方形、小指の骨の根元側

ポケット③は正方形に近い長方形、小指の骨のカカト側

※②・③とも同サイズです。

パッドを入れる時の目安

A.ウオノメ・タコ、肥厚のある部分がポケット①②③にある場合

その番号のポケットに、ゴム状のパッドを入れてください。
また、右・左の足裏を触る、押すなどして骨の位置 (凸 凹) が左右で違っていましたら、硬い方にパッドを入れてください。

B.膝の内側・お尻・太ももの外側に痛みがある場合

◎ヒザの内側に、症状がある時は、ポケット②に入れてください。
※(ポケット②の位置が、骨上に合わない時は ポケット②に加え、ポケット①のパッドを、奥(小指側)まで入れてください)
※O脚気味の方は、ポケット②・③ に入れて下さい。

◎お尻や脚の外側に症状がある時は、ポケット③に入れてください。

 

◎症状の出ていない所に、無理に入れる必要はありません

C.肩の高さの違いが自覚できる等、鏡を見てわかる場合

下がっている側の足裏のポケット①、②、③のいずれかに入れてしばらく歩き、再度鏡を見て下さい。

A・B・Cを参考にパッドを入れ少し歩き、痛みが楽になる、肩の高さがそろうmまたは前屈(歩く前に一度しておく)が楽になればパッドの位置はOKです。

※今までの経過年数が長いほど、なじむのに日数はかかります。

※「かんしん」は(株)快養の登録商標です。

PAGE TOP